• 2011/05/11

MIKE Heart Paint

横浜で主にバイクのカスタムペイントをやっています。
バイクだけに限らず、ヘルメットやチャリンコのフレーム、その他、お気軽にご相談ください。
ここでは、塗った作品やハッピーな日常をアップしていこーと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キッカケ?的ナ?




こんばんわ。

ウンコが、服きて歩いてるみたいな男だなって言われたりもする

ワタクシ、マイクでございます。

どーもです。


コメントのトコに、この業界に入ろうと思ったキッカケは何で?

ってきてたので、長くなりそうですが、最近サボリがちだったんで、

この場をお借りして、書いてみようと思います。


スッカラカンな内容になると思いますので、興味ない方は、スルーされるコトをお勧めします。



僕は、このノー天気?な脳みそのせいか、若く見られますが、30歳です。

なので、今に至るまで色んなコトがありましたが、原点って考えると、

高校生の時、友達が学校やめて、仕事して、お金貯めて、スティードを

買ったコトだと思います。

当時僕は、美容師になりたかったんですけど、スティードのケツに乗っけてもらってるうちに、

やっぱ、コッチだわ。みたいな。

アメリカンカルチャーへの入り口だったんだと思います。

だから、その時、友達が、族車を買ってたら、もしかしたら僕は暴走族になってたかもです。

弱っちい、貧弱な暴走族です。想像するとウケる。自分のパンチパーマ姿とか。。。


そんな感じで、単純な僕は、「オレも乗ろう!」みたいな。。。

スティード買おうとすると、友達が「マネすんな!」つって怒るんで、

そのタイミングでちょうどデビューした、シャドウっていうホンダのアメリカンを買いました。

出たばっかで、中古車なんてなかったんで、新車です。


なもんで、お金貯めてからじゃ先が遠いなと思い、親には黙って、親父のフリをして、

通販で勝手にローンを組みました。

結局、僕が家にいない間に、ローン会社から電話かかってきて、バレテしまい、

夜、家に帰ると、父ちゃんが金属バットをもって、僕を襲ってきました。

僕には、2人の弟がいるんですが、その弟2人と母ちゃんが、泣きながら止めに入ってくれました。

それがなかったら、僕は今、この世にいなかったのかもしれません。

ちなみに僕の父ちゃんは、「男がピアスなんかすんじゃねぇ!!!」とか

「ロン毛だぁ?今すぐスポーツ刈りにしてきやがれ!!」みたいな父ちゃんです。

スポーツ刈りって知ってます?

角刈りのチョイオシャレバージョンみたいなやつです。


なんで僕みたいなんが育ってしまったのか摩訶不思議のドラゴンボールZでございます。

「コノ 出来損ないがぁ!!」って、多分100回は言われました。

父ちゃん、ごめんね。 恐縮です。。。みたいな。


実家は田舎なんで、庭広いし、車庫もあるんですが、ま、ナンダカンダデ、

家には乗って帰ってこないって約束で、許してもらいました。

それが16の時です。

いま、思い出したけど、免許代は、母ちゃんのヘソクリから出してもらいました。

母ちゃん、ありがとう!  恐縮です。。。みたいな。


ローンも、バイトして毎月2万?ずつ払うって言ったけど、払ったのは

始めの1,2回ぐらいで、後は全部カスタム費にまわってました。

カスタムって言っても殆どボルトオンだったっすけど。。。

あ、ちゃんと、免許代と、ローンは、社会人になってからですが返しました。


そんな感じで、周りの友達たちも乗り始めたりで、アメリカンとSRで、みんなで

10台ぐらいになり、友達のバイク缶スプレーで塗ったりとかしてました。

ちなみに自分のバイクは、板金屋で働いてる友達の父ちゃんに塗ってもらいました。

なんで?みたいな?

よくわかんねーっす。

書いてるうちに、いろんなコト思い出してきましたが、今日はこの辺で。。。


もう、いいからって感じっすかね?

まーそんな感じの高校生活だったです。


あれ?コレは質問に答えられてんのかな?

いつも書いてるうちにソレテいってしまうんで、どうかご勘弁を。。。



曲は、「庭」って出たんで、「ガーデン」。

コノ話より、けっこう後に出た曲だけど、青春の曲。



でわまた。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。